金利が安いおすすめのカードローン

 

即日お金借りたいのであれば、できるだけ金利が安いカードローンを利用したいと思うのは当然ですよね。ここでは金利が安い人気のカードローンを「大手銀行」「地方銀行」「消費者金融」に分けてお伝えします。

 

みなさんのニーズに合ったカードローンを見つけてくださいね。

 

金利が安いおすすめの大手銀行カードローン5選

銀行カードローン 金利/年
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
イオン銀行カードローン 3.80%~13.80%
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8%~14.6%

 

1、楽天銀行スーパーローン

金利が安い銀行カードローンを比較した場合におすすめできるのか「楽天銀行スーパーローン」です。

 

上限金利を比較してみると他の銀行の方に金利の低いものを見つけることができますが、審査から融資までのスピードが早く、楽天ポイントなどの還元もありますから総合的に見るとかなり手軽でお得感を感じることができます。

 

2、三井住友銀行カードローン

銀行カードローンのなかでも人気が高いのがこの「三井住友銀行カードローン」です。他の銀行カードローンの場合、口座開設に手間取ってしまい実際融資を受けるまでにかなり時間を費やしてしまうこともあります。

 

三井住友銀行カードローンの場合口座開設がスムーズで、融資までのスピードが早いことが評判です。インターネットと無人契約機が使えるということがポイントとなっているのでしょう。

 

3、みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、他の大手銀行の金利と比べ上限金利が14.0%と低めになっていることがわかります。しかも住宅ローンを利用している場合には、さらに0.5%引き下げられることになりますから、お得感満載です。

 

毎月の最低返済額も2000円ですから、ゆったりと返済することも可能です。メガバンクのひとつですから安心して利用できます。

 

4、イオン銀行カードローン

イオン銀行が運営するカードローンですが、イオン銀行は顧客満足度で上位にランクインしてますから、メガバンクにも劣らないといえるのではないでしょうか。上限金利も低く13.8%。かなり魅力的な権利であることは間違いありません。

 

さらに銀行口座を開設する必要はなく、面倒な手続きを行うことなくカードローンを契約することも魅力のひとつでしょう。

 

5、三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは、メガバンクが運用するカードローンです。安心感が高いので、根強い人気があるといえるでしょう。セブンイレブンやローソンファミリーマートなど大手コンビニのATMは提携されていますので利用手数料は無料となっています。

 

最低返済額は毎月2000円からとなっていますので、ゆとりを持って返済できるのも魅力のひとつです。

 

金利が安いおすすめの地方銀行カードローン5選

銀行カードローン 金利/年
ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス> 1.7%~14.8%
北洋銀行カードローン スーパーアルカ 1.9%~14.7%
中京銀行カードローン「C-style」 4.9%~14.5%
栃木銀行カードローン 1.9%~14.9%
福岡銀行カードローン 3.0%~14.5%

 

1、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>

ちばぎんカードローンは千葉銀行が運営するカードローンです。千葉銀行は地方銀行の中でも全国第2位の規模を誇る大手地銀だといえます。そのため地方銀行が運営するカードローンのなかでも人気となっています。

 

上限金利は14.8%と低めの金利になっていますから、魅力のひとつとしていえるのですが、下限金利が低いのでおまとめローンとして利用する人も増えています。そのため他社から借金している人の利用が増えています。

 

2、北洋銀行カードローン スーパーアルカ

北洋銀行カードローンは北海道にお住まいやお勤めの方限定のカードローンとなっています。上限金利は14.7%と地銀のなかでも低めになっています。

 

また下限金利が1.9%と低いので、北海道の人はカードローン借換やおまとめローンとして使うことも多いようです。毎月の返済額は2000円からとなっていますのでゆったりと返済できるのも魅力のひとつでしょう。

 

3、中京銀行カードローン「C-style」

中京銀行カードローンは、中京銀行の普通預金口座を持っている人であれば、かなり審査が早いと評判になっています。口座を持っている場合にはWEBで手続きすることが可能で、申し込みから契約までWEBで完結させることができるのです。

 

上限金利が14.5%とかなり低くなっていることも魅力のひとつです。

 

4、栃木銀行カードローン

栃木銀行カードローンは、栃木銀行の普通預金口座を持っているのであれば、申し込みから契約までWEBで完結させることができますので人気のカードローンとなっています。栃木銀行自体は栃木県に70店舗以上もある栃木県民においてはメジャーな銀行です。

 

下限金利が1.9%とかなり低くなっていますから、おまとめローンとして利用する人も増えています。

 

5、福岡銀行カードローン

福岡銀行カードローンは、他県在住でも利用できる銀行カードローンで、普通預金口座を持っているのであれば契約手続きはすべて WEBで行うことが可能です。

 

上限金利は14.5%と地銀カードローンの中でも低く、下限金利も3.0%と低めなのでおまとめローンとして使う人も多くなっています。

 

毎月の返済額は2000円からとなっていますからゆったりと返済することも可能です。

 

金利が安いおすすめの消費者金融カードローン5選

銀行カードローン 金利/年
J.Score(ジェイスコア) 0.8%~12.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%

 

1、J.Score(ジェイスコア)

ジェイスコアはみずほ銀行とソフトバンクが提携して業務を行っている消費者金融です。消費者金融のなかだけではなく、銀行と比べてもかなり金利が低いのが特徴です。審査をAI(人工知能)が行なっており、無駄な人件費をかけないことによって低金利を可能としています。

 

また即日振込みにも対応していますから、かなり人気が高くなっています。

 

2、プロミス

プロミスは大手消費者金融の中でも知名度が高く、融資スピードも早いことから人気の消費者金融となっています。上限金利も大手消費者金融の中でも低い17.8%となっています。

 

プロミスの最大の特徴は「瞬フリ」という、土日祝日関係なく24時間最短10秒で振り込みを完了させるサービスです。三井住友銀行やジャパンネット銀行などに銀行口座を所有している人であれば、かなり早く融資を受けることができるのです。

 

3、アイフル

アイフルは大手消費者金融の代表格であり、融資スピードが速いことでも評判になっています。特に公式サイトにも記されている通り、 Web 申し込みを行った後にアイフルのフリーダイヤルに電話して手続きすると、かなり早くお金を受けとることができます。

 

アイフルで融資を希望するのであれば、審査対応時間の22時までに間に合うように契約を澄ますようにしましょう。

 

4、アコム

アコムも大手消費者金融のなかでは知名度が高く、人気の消費者金融です。公式サイトにおいては審査に通ることができるか不安な人のために、「3秒診断」が用意されており簡易チェックをすることが可能です。

 

初回の借入時には30日間無利息になりますので、短期間の借入であればとてもお得になります。

 

5、レイクALSA

レイクALSAは新生銀行が運営する消費者金融で、「30日間特典」「5万円まで180日特典」といった魅力的なサービスで人気となっています。

 

「30日間特典」は、借入金額に関係なく初回利用時には30日間特典で借りられるというものです。「5万円まで180日間特典」は初回利用の5万円以内であれば、180日間特典で借りられます。借入金額のうち5万円までを特典にするということも可能です。

 

短期間の借入の場合にはかなり有利になりますから、利用する人が増えています。

 

金利が安いカードローンの注意点

 

  • 金利について理解しておく
  • 自分にあったカードローンに申し込む
  • 短期返済可能なら消費者金融がお得な場合も

 

金利が安いからといって自分自身の借入にマッチするとは必ずしもいえません。

 

金利の特徴について掴んでおくと、場合によっては金利の高いところから借入する方がお得になる可能性もあるのです。

 

金利について理解しておく

銀行においても消費者金融においても、金利が表示されていますが下限金利で借りられるわけではなく、小口であれば上限金利が採用されると理解しておきましょう。

 

ただし銀行カードローンなどにおいて、おまとめローン目的で利用するのであれば、金額によっては金利はより下限金利に近づいていく可能性があります。

 

いくら以上の借入であれば金利がいくらというふうに公式サイトには記載されていますから、確認してお得なところから借入するようにしましょう。また返済最低額が低いとゆとりを持って返済できますが、そのぶん利息は多くなることは理解しておかねばなりません。

 

短期で返済する場合は無利息期間を設けている大手消費者金融の方が、返済総額が低くなることもありますから必ずしも金利が高いからといって損するわけではないのです。

 

自分にあったカードローンに申し込む

一般的に金利が低いのは銀行カードローンで、大手消費者金融では銀行よりも高い金利になっています。ただし銀行カードローンのデメリットとして、即日融資はできません。審査スピードにこだわるのであれば確実に大手消費者金融にメリットがあります。

 

また大手消費者金融の審査条件はそれほど高くなく、銀行カードローンの審査条件よりもはるかに通過しやすいといえます。

 

収入などで審査に不安があるのであれば、大手消費者金融カードローンを利用する方が良い場合もあります。お金が必要な人はこれらの点を考慮し、どのような特徴を持っているのか調べてから申し込むようにしましょう。

 

短期返済可能なら消費者金融がお得な場合も

銀行カードローンの上限金利はおおむね14%前後で、大手消費者金融の上限金利は18%前後ですから、利息は断然銀行カードローンの方が低く済みます。

 

ただし大手消費者金融は無利息期間を設けていますから、そのサービスをうまく活用できるのであれば銀行よりも返済総額は低くなることもあります。

 

短期的な小口融資を求めるのであれば、大手消費者金融カードローンの方がお得になることがあります。

 

決して無理な借入をせずに、短期的な返済を検討してみてはいかがでしょう。

 

まとめ

金利が安いおすすめのカードローンを、大手銀行・地方銀行・大手消費者金融ごとにご紹介してきました。それぞれにメリットやデメリットを感じたのではないでしょうか。

 

大手銀行カードローンでは安心して低金利のサービスを受けることができます。

 

地方銀行カードローンでは地元に根付いたサービスを受けることができますし、下限金利が低いのでおまとめローン目的で活用することも可能です。

 

大手消費者金融には無利息期間がありますので、短期的な借入であれば断然有利です。

 

このような特徴をうまく利用しながら、お得に借入をしてください。